スライド の 背景 を一瞬でカッコよく見せる裏技

ノウハウ, スライド作成

スライド資料を作る時、デフォルトで備わっているテンプレートばかり使っていませんか?
楽でいいものですが、みんな使っているものは同じ。中々カッコいいスライドを作るのは難しいところ。

そんな時に使える、一瞬で背景をカッコよく見せる裏技をご紹介します!

どんなものかというと、写真を後ろにうっすら見せるというもの。カッコいい海外の方たちもよく使っている手法です。早速試してみましょう!

1.おしゃれな背景写真をスライド全面に貼る

まずは何もないスライドの上から写真を貼ります。ココで使う写真は、photoACpixabayぱくたそあたりの無料の写真素材サイトでテーマに合った写真を検索するといいですよ。

2.白いオブジェクトを上からかぶせる

次に、四角いオブジェクトを作り、色を白くして写真の上いっぱいかぶせます。

3.白いオブジェクトを透過させる

最後に、先ほど作った白い四角いオブジェクトを透過させます。Powerpointだと透明度、Keynoteだと不透明度となっているので、この値を調整しましょう。上から文字を書く事がほとんどだと思うので、写真の色合いにも依りますが、透明度30%、不透明度70%くらいを目安にすると文字が読みやすいと思います。

デメリットは、写真の容量のせいでファイル自体の容量が重くなってしまうこと。そんな時はPDFにすれば、容量抑えめで使えますよ。

アイキャッチ画像にも使える!

見ての通り、この記事のアイキャッチ画像も同じ手法で作ったものです。この方法だとカンタンに作れるので時短にオススメです^^

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

Twitter で フォローする